禁煙に関する情報が満載です。

禁煙から得られる健康効果とは

禁煙から得られる健康効果とは 禁煙を試みても、なかなかうまくいかないという人は多いでしょう。しかし、タバコをやめることで、様々な健康効果が実感できるのです。
禁煙開始から1ヶ月も経つと、咳やたん、喘鳴といいた呼吸器の症状が改善してきます。また、免疫力が回復するため、インフルエンザ等の感染症にかかる可能性が低くなります。
さらに禁煙を継続していくことにより、呼吸器の機能はどんどん良くなっていきます。2~4年もすれば、心筋梗塞などの心臓病のリスクが、喫煙者と比べて格段に低くなり、10年を経過した時点では、病気にかかる可能性が非喫煙者と同じ程度にまで下がります。
その他にも、目覚めが良くなったり、顔色や胃の調子が良くなったりと、日常の中で実感できる健康効果があります。また、ニコチンが切れてイライラした気分になることもなくなり、日々を穏やかな気持ちで過ごすことができるようになります。
このように、禁煙期間が長くなるにつれ健康状態が良くなっていきます。ですから、長く健康な生活を送りたいと考えているのなら、タバコを吸うのは避けたほうがいいでしょう。

禁煙の禁断症状はどれぐらい続く?

禁煙の禁断症状はどれぐらい続く? たばこは体に悪いと分かっていてもなかなか禁煙できない人はたくさんいます。日本においては健康増進法などにより、喫煙者に向けられる視線はますます厳しくなっている現状があります。
禁煙の風潮は高まり、チャレンジする人も増えており、医療的なサポートなどの体制も構築されはじめています。
禁煙において一番辛いことと言われているのは禁断症状です。この症状を乗り切れずに失敗する人は少なくありません。
一般的に禁断症状といわれるものには、タバコがすいたくてたまらなくなる、イライラが押さえられない、眠気が強くなる、体がだるくて頭がボーッとするなどがあります。
禁断症状が起こる原因はニコチン依存症にあります。ニコチンは、ドーパミンという人間にとって快感を感じさせる部室を分泌させます。
たばこを慢性的に体内に取り入れることによって、ドーパミンの分泌にニコチンを頼るように脳が認識してしまいます。
禁煙をしてニコチンが体内に吸収されなくなると、脳が体の異常を発生させてニコチンの吸収を促そうとします。
ニコチンの依存症が解消される期間までが一番大変な時期であるとも言われますが、そのピークは一般的に3日から1週間程度かかると言われています。
人によっては大きな個人差もあるため、症状の度合いは低くなったとしても、4週間程度の期間を有する場合もあります。