禁煙に関する情報が満載です。

タバコと禁煙

タバコと禁煙 タバコにはニコチン・タールその他の有害物質が含まれています。
これらの被害は非常に大きなもので、ヘビースモーカーを続けると10年以上も寿命が縮まると言われているのです。
喫煙者の多くは、運動をするときにすぐに息切れします。
自分では自覚していないかもしれませんが、禁煙するとよくわかります。
まるで10歳若返ったかのように、体が動きやすくなるのです。
体力もモリモリと湧いてくるので、疲労も感じにくくなります。
すると夜も質のよい睡眠を取れるので、翌日の寝起きの違いを実感できるでしょう。
禁煙をすることは何より健康によく、どんな健康対策よりも効果的なのです。
タバコを喫煙しながら健康食品を摂取しても、ニコチンやタールの害を相殺することはできません。
それほど強烈な被害がある物質を、口から取り込んでいるのがタバコなのです。
禁煙を考えている方は、今すぐに決行するべきでしょう。
禁煙を先延ばしする方は、いつまで経ってもやめることができないのです。

生活習慣病予防のための禁煙

生活習慣病予防のための禁煙 喫煙は体に様々な悪影響を及ぼしますが、生活習慣病もその一つです。
動脈硬化、糖尿病、メタボリックシンドロームなどがそれにあたります。
生活習慣病は、食生活の乱れによる栄養不足や運動不足や不規則な生活リズムや睡眠不足やストレスや疲労などが主な原因となりますが、喫煙も大きな原因となります。
喫煙をすることにより、血管細胞が破壊される、血管の収縮、血栓ができやすくなる、糖質や脂質の代謝の低下などに結び付いてしまい、動脈硬化や糖尿病やメタボリックシンドロームを引き起こしやすくなってしまいます。
ですので、改善させるためには禁煙が重要なポイントとなります。
糖尿病は様々な合併症を引き起こすリスクがありますし、動脈硬化は症状が進行すると脳梗塞や心筋梗塞などの重大な病気を発症させてしまうリスクが高まります。
ですので、健康的でバランスのとれた食事、適度な運動、良質な睡眠、規則正しい生活リズムなどに加えて禁煙を行って生活習慣病の予防に努めていきましょう。