禁煙に関する情報が満載です。

禁煙を試みる瞬間とは?

禁煙を試みる瞬間とは? 私たちはいつまでも健康で長生きをしたいと思っていますが、健康診断をした際体の異常を発見することがあります。
日本人に多い病気として最も恐れられているのはガンですが、特に肺がんは死亡原因のトップに上がっています。
肺がんの主な原因は喫煙と言われ、タバコを吸わない人に比べると吸う人は肺がんになる確率が高くなることがわかっています。
最近は禁煙ブームの傾向にあり、自身の健康を願う意味でも健康診断の異常を発見した瞬間から禁煙を始める人が増えています。
ところがタバコをやめよと決意しても、ニコチンの誘惑に勝つのは容易ではありません。
そんな人たちの助けとなるのが、禁煙外来というところでタバコをやめたくてもなかなかやめられない人たちのサポートをします。
自分は意志が弱いからタバコはやめられないと諦めていた人も、健康診断の異常に気づいた瞬間から禁煙外来を利用してやっとタバコを吸わなくてもすむようになったと言ってます。

禁煙は初めてどれくらいが一番辛い?

禁煙は初めてどれくらいが一番辛い? 禁煙をすると、それまで持続的に摂取していたニコチンが断たれますので、体内のニコチン量が減り離脱症状が現れます。
この離脱症状には人によって様々なものがありますが、代表的なものはイライラや眠気といったものです。
ニコチンの離脱症状はタバコを断ってから数時間後より開始し、とくに三日後から一週間くらいの間で、離脱症状の辛さがピークを迎えます。
急激にニコチンを断つことにより離脱症状が辛い場合は、医師の処方するニコチンガムなどを摂取することで、禁煙をしながら体内のニコチン量をコントロールすることもできます。
これによって離脱症状の辛さもある程度緩和されますが、ニコチンを摂取する期間が長くなる分、離脱症状の辛い期間も長くなるという側面もあります。
タバコを断ってから二週間もすれば、辛さはかなり緩和して禁煙を続けるのが楽になります。
ですので、最初の3日から一週間位を乗り切れば、辛さを乗り切ることが出来ると考えてよいでしょう。